忍者ブログ
不定期ですが、日曜日に四日市近辺で中国語の勉強会を開催しています。中国人を交えたイベント多数あり!参加者募集中!
 1 |  2 |  3 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 告知どおり9月からは本格的に勉強会再開です!
実はまだ場所の予約をしていないので確定ではありませんが、日時はこれで決定です。

①9月 6日(日) 13時から17時   なや学習センター  (地図は下をご覧ください)

②9月13日(日) 13時から17時   なや学習センター

③9月20日(日) 13時から17時   なや学習センター

④9月27日(日) 13時から  中国北京語教室交流会に参加しましょう!
詳細は下の「おしらせ」をクリックしてね。
こちらのコメント欄からも参加申し込み受け付けできます。

①~③の勉強会について
参加希望のかたはどしどしコメントください。
参加費は今のところ一回1000円程度を予定していますが、当日の参加者数によって多少変動します。
学習内容は、初心者グループと中上級者グループに分かれて、それぞれテキスト等を使って進めます。
使用するテキストはまだ未定ですが、初心者には発音を中心としたものを準備いたします。(コピー代は参加費に含みます)
中上級者には現時点では「趣味漢語」を予定しています。こちらはそのときの流れで臨機応変にいきたいと思います。会話中心でもいいし、試験対策でもいいし、いずれにしてもせっかくネイティブに老師として来てもらうので、独学ではなかなかできない部分を重点的にやっていきたいですね。

何か質問があったらお気軽にコメントください。



なや学習センター 
 naya-map.gif
PR
 4年前にmixiのコミュから誕生した勉強会です。
毎週日曜の午後に四日市市内のファミレスや喫茶店で活動をしてきましたが、やはり勉強するにはなにかと不都合も多いことから、今年2009年から公民館を利用して学習するようになりました。
公民館の利用は有料なので、それに伴い会費を徴収する形をとっています。
今回のリニューアルオープンで人数にどの程度変動があるか不明ですが、会場費・お茶代・教材コピー代・他として1回につき500円から1000円で考えています。
参加者が多ければ安く設定できます。
 
 また、これまでは毎回10人程度の参加者がありましたが(中国人含む)、この数ヶ月でメンバーの転勤や長期出張、中国への帰国などが続き、今はコンスタントに参加しているのは5人ほどです。
毎回来てくれていた老師役の中国人も来れなくなっている状況から、現在は知り合いの留学生2人にお願いしています。
学生ということで金銭的な負担をかけられないので、彼女たちに交通費と少しですが謝礼を払うことにしています。
2人いますから、レベル別に二つにグループ分けして本格的に勉強していく方針です。(ちょっとした教室並みになるはず)

 ということで、初心者から上級者まで幅広く学べる場になります。

 9月からリニューアルオープンです
勉強会の開催日程、場所等の詳細については、毎回こちらのブログ及びmixiにてお知らせいたします。
参加費については、ある程度参加者数が固定してきたら改めて金額を確定します。

 ご不明な点などありましたら遠慮なくコメントください。
本サークル設立以来4年?
だいぶ最近低空飛行を続けているので、メンバーと話し合って心機一転。
従来、mixiのみで活動していたこのサークルのブログを開設し、広く皆様のご参加を募ります。

ご興味ある方は是非コメントください。

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
学漢語
性別:
非公開
趣味:
中国語学習!
自己紹介:
中国語学習サークルです。活動4年目。
現在メンバー大募集中!毎週日曜の午後にみんなでまじめに勉強しています。初心者から上級者まで幅広く歓迎しています。
中国人ネイティブも募集してます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新CM
[02/09 chaiko]
[02/07 石黒 通世]
[09/17 モバゲー]
[05/13 加藤哲雄]
[11/13 相野田 麗子]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  三重 四日市 中国語サークル  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]